潰瘍性大腸炎に対する高用量トファシチニブ投与に警告、米FDA

2019年08月28日 (水)

この記事は2019年08月28日に配信された記事です。
配信日から2年以上経過している為、最新情報ではない可能性があります。


 米食品医薬品局(FDA)は2019年7月26日、トファシチニブ(商品名ゼルヤンツ、ゼルヤンツXR)1回10mgを1日2回服用している潰瘍性大腸炎(UC)患者で、血栓症と死亡のリスク上昇が認められたとの新たな警告を発表。UCに対するトファシチニブの適用は、他の薬剤に対して反応を示さない患者、または重度の副作用を呈する一部の患者に限定されると述べた。

 今回の変更は、関節リウマチ(RA)患者におけるトファシチニブ5mgおよび10mgの1日2回投与の有効性と安全性を評価する進行中の臨床試験の中間データを精査した上でなされたものであり、最も重大な枠組み警告(Boxed Warning)にも追加された。

 FDAによると、この臨床試験を精査した結果、トファシチニブ1回10mgの1日2回投与は、1回5mgの1日2回投与やTNF阻害薬と比べて、血栓症と死亡のリスクを高めることが明らかになったという。トファシチニブは、メトトレキサートに反応不良な成人RA患者の治療薬として2012年に初めて承認された。RA患者に対する承認用量は1回5mgの1日2回投与である。さらに、2018年、同薬について、UCの適応が追加承認された。FDAは、今回判明したRA患者のリスクはUC患者にも当てはまる可能性があるとしている。

 FDAは、呼吸で悪化する胸痛や急な息切れといった血栓を示唆する異常な症状を認めた場合、トファシチニブの服用を中止し、すぐに救急受診するよう患者を指導することを医療提供者に要請している。また、UCの治療に際し、医療提供者は、血栓症のリスクが高いことが疑われる患者へのトファシチニブの処方を控えるほか、同薬を最小有効量で用いたり10mgの1日2回投与期間を短縮したりすべきことを求めている。(HealthDay News 2019年7月26日)

Source
https://www.physiciansbriefing.com/gastroenterology-6/ulcerative-colitis-1003/fda-blood-clot-death-risk-up-with-higher-dose-of-tofacitinib-748758.html

More Information
https://www.fda.gov/drugs/drug-safety-and-availability/fda-approves-boxed-warning-about-increased-risk-blood-clots-and-death-higher-dose-arthritis-and


healthday-logo
Copyright (C) 2022 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。

‐AD‐

関連キーワードで記事検索

ヘルスデーニュース‐FDA関連‐ 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報