HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京都】不良化粧品を発見”ステロイド成分含有

2008年07月24日 (木)

 東京都は、ステロイドを含有する不良化粧品が発見されたことを公表した。化粧品基準では同成分の配合は認めておらず、健康被害発生の恐れがあるため、都では注意を呼びかけている。

 薬事法違反の製品名は「NOATO(ノアート)クリーム」(クリーム乳液類)で、輸入元は米国、製造販売元はラバンナ(東京都新宿区:南原貴裕代表取締役)。販売先は26カ所(販売代理店)で輸入数量4万個、発売数量は5691個。今年3月18日07月15日の間に発売され、在庫数量は3万4309個。

 都の健康安全研究センターで検査したところ、プロピオン酸クロベタゾール(副腎皮質ホルモン)を0.049%検出した。同成分は、副作用として皮膚萎縮、毛のう炎などの健康被害が発生する恐れが否定できない。そのため都では、使用中止および健康被害が疑われる場合には、医療機関を受診するよう呼びかけている。

関連リンク




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報