HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【参天製薬】谷内社長、アジア成長「ギアチェンジ」‐新製品投入で売上拡大へ

2019年11月14日 (木)

谷内樹生氏

谷内樹生氏

 参天製薬の谷内樹生社長兼COOは8日、大阪市内で開いた決算説明会で「アジア地域の成長をギアチェンジしていく」と語った。現地の主力品は合成抗菌剤「クラビット点眼液」やドライアイ治療薬「ヒアレイン点眼液」となっているが、「これまでアジア事業を支えてきた2剤の成長を続けながらも、新製品による成長に切り替えたい」と展望。申請段階にある緑内障治療薬「エイベリス」などへの期待感を示した。

 今年度上半期のアジア事業売上高は全体の19%を占める225億円となった。谷内氏は「アジア市場は成長の勢いが強く、当社の競争力や製品の評価も非常に高い。安定的な成長を見込める」と語った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報