HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】対人重視へ「医療の深掘り」‐三津原社長、調剤薬局事業の方針示す

2019年11月14日 (木)

三津原庸介氏

三津原庸介氏

 日本調剤の三津原庸介社長は、7日に開催した2020年3月期中間決算説明会で調剤薬局事業に言及。大病院の門前薬局が多いという強みを背景に、「より医療の深掘りを行っていくことが基本戦略」との考えを強調。「対物から対人へという制度上の流れ、世の中のニーズの流れを的確に捉える施策」と自信を示した。また、調剤薬局事業をはじめ、医薬品製造販売事業、医療従事者派遣・紹介事業といった全事業が増益を達成した中間決算については、「これまで注力してきた基盤整備の結果が出た」と評価した。

 三津原氏は、「グループとしては、基盤の調剤薬局事業、医薬品製造販売事業、医療従事者派遣・紹介事業という三本柱で収益の多角化を進めている」と説明。全事業が増益となった今中間決算を「かなり好調に推移した」とし、特にこの3年間で進めてきた様々な基盤整備の結果であるとの考えを示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報