HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【印ルピン】共和薬品を570億円で売却‐日本市場撤退へ

2019年11月15日 (金)

 インド後発品メーカーのルピンは、保有する共和薬品工業の株式99.8%の全てを投資ファンドのユニゾン・キャピタルに約574億円で売却し、日本市場から撤退する。来年3月末までに株式を譲渡する契約を11日に3者間で締結した。ルピンは、日本市場より成長率の高いアメリカとインド市場に経営資源を集中する方がグループ全体の成長につながると判断。ユニゾンは、医薬品以外の領域に進出するという共和薬品の独自戦略に共鳴し、投資を決めた。

 2007年に傘下に収めた共和薬品の経営成績はルピングループの中で優秀で、利益率も高かった。それでもルピンが手放すことを決めたのは、グローバルな競争激化に伴うルピンの経営環境の悪化が一因だ。飽和に近づいた日本の後発品市場に投資を続けるより、成長率の高いアメリカとインド市場に経営資源を集中する方針を打ち出し、日本市場から撤退することを決断した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報