【新製品】経皮吸収型パーキンソン病薬「ハルロピテープ」を発売 協和キリン

2019年11月27日 (水)

 協和キリンは29日、経皮吸収型パーキンソン病治療剤「ハルロピテープ8mg、同16mg、同24mg、同32mg、同40mg」(一般名:ロピニロール塩酸塩)を新発売する。久光製薬からの導入品であり、2月に締結した国内販売に関する契約に基づき、協和キリンが販売・情報提供活動を担う。

 同剤は、久光が経皮薬物送達システム(TDDS)技術を用いて開発した全身性の経皮吸収型製剤。安定した血中薬物膿度を維持し、効果を持続させる。

 用法・用量は、1日1回8mgを貼り付け、以後必要に応じて1週間以上の間隔で8mgずつ増量させる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報