HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【八尾市立病院】フォーミュラリーを開始‐PPI注射剤、インフル薬で

2020年04月08日 (水)

院内取組みを地域に発信

星田氏(中央)、小枝氏(右)、小川氏

星田氏(中央)、小枝氏(右)、小川氏

 八尾市立病院は、今月から院内フォーミュラリーの運用を開始した。プロトンポンプ阻害薬(PPI)の注射剤、抗インフルエンザウイルス薬の2領域でスタートし、原案が固まったPPI経口剤についても院内での合意形成を進める。今後も段階的に領域を拡充する計画で、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)などの策定を視野に入れている。当初目標にしていた地域フォーミュラリーの策定にはまだ至っていないが、院内での取り組みを地域に発信しながら、実現の道筋を探りたい考えだ。

 PPI注射剤の第1選択薬は後発品のオメプラゾール、第2選択薬はタケプロンの使用を推奨する。効果はほぼ同等と考えられるため、経済性を考慮して後発品を第1選択薬に設定した。医師が電子カルテで第2選択薬をオーダした時に、第1選択薬を知らせる注意喚起をポップアップで表示する。処方の強制力はなく、医師の裁量で第2選択薬をオーダすることはできる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報