HOME > 人事・組織 ∨ 

中山会長が退任へ 第一三共

2020年05月15日 (金)

 第一三共は11日、中山讓治代表取締役会長が会長職を退く人事を内定した。6月15日に開催される定時株主総会の承認を経て正式に決定する見通しで、退任後は常勤顧問に就任する。会長職の後任は置かない予定。

 中山氏は代表取締役を10年間務めた。同社では、中山氏による経営の舵取りにより、自社創製の抗癌剤である抗HER2抗体薬物複合体(ADC)「エンハーツ」の米国上市のほか、保有する三つのADCが社内外で評価され、中期経営計画で掲げた2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」の実現に向けた転換が進められたと判断。今後、新たな経営陣による成長戦略を一層推進していくため、今回の人事を決定した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

人事・組織 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報