HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【都薬が委託事業】残薬バッグで多剤対策‐モデル地区に荒川区

2020年06月18日 (木)

永田泰造会長

永田泰造会長

 東京都薬剤師会の永田泰造会長は12日の定例会見で、ポリファーマシーや相互作用の防止を目的とした東京都からの委託事業「重複多剤服薬管理指導事業」に取り組む考えを示した。地域医師会、薬剤師会と健康保険協会が連携して取り組む「広島モデル」を参考に、同事業のモデルには荒川区を選定。最初の取り組みとして残薬バック40万個を作成し、多剤投与や残薬の疑いのある65歳以上の国保加入者を中心に都内全域に配布していく方針である。

 広島モデルは、広島市が市内3医師会、4薬剤師会、全国健康保険協会広島支部と連携してポリファーマシーや相互作用の防止、残薬調整などを行う市独自の事業モデルである。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報