HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】薬局業務の内容が不明確‐委員から指摘相次ぐ

2020年12月22日 (火)

18日に開かれた薬剤師の養成および資質向上等に関する検討会

18日に開かれた薬剤師の養成および資質向上等に関する検討会

 厚生労働省の「薬剤師の養成および資質向上等に関する検討会」は18日、薬局薬剤師業務のあり方について議論し、患者や他職種から見た業務内容の不明確さを指摘する声が相次いだ。業務を果たしている薬局とそうでない薬局の2極化の指摘や、患者のパーソナルヘルスレコード(PHR)把握といった健康サポート機能により注力すべきなどの意見も上がった。

 この日の検討会では、安部好弘構成員(日本薬剤師会副会長)が薬剤師業務全般や薬剤師をめぐる環境変化を説明。その上で、薬局薬剤師の業務の課題やあり方をめぐって議論した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報