HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【小林化工】2例目の死亡事例‐睡眠剤混入問題で

2020年12月22日 (火)

服用の因果関係「低い」

 小林化工は17日、抗真菌剤「イトラコナゾール錠」に睡眠導入剤が混入していた問題で、服用患者の2例目の死亡例を公表した。主治医による見解では、製剤の服用と死亡との因果関係は低いという。また、服用患者1人につき一律30万円の慰謝料を支払うことなどの補償方針や第三者有識者による調査委員会の設置も発表した。

 死亡患者は11月23日に死亡し、同社が報告を受けた。製剤を服用することによって傾眠の症状を生じたことがあったものの、患者の原疾患などの諸事情を踏まえると、製剤の服用と患者の死亡との因果関係は低いという。今後、主治医からさらに情報提供を受けるなどして、製剤と患者の死亡の因果関係について詳細な調査を早急に進めていく方針。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報