HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ロート製薬】山田会長「4領域で臨床開発進行」‐間葉系幹細胞の再生医療

2021年02月02日 (火)

 ロート製薬の山田邦雄会長は、神戸市などがオンラインで開催した再生医療産業化フォーラムで講演し、間葉系幹細胞を用いた同社の再生医療について、「様々な疾患への応用が期待できる」と語った。既に肝硬変、重症心不全、腎疾患、新型コロナウイルス感染症による重症肺炎の4領域で、企業治験や医師主導治験が進んでいる。体内で様々なシグナルや物質を生み出し、自己治癒力を活性化する間葉系幹細胞は、医薬品に近い使い方ができるとし、「一般的に広く使える場面はたくさんある」と期待を示した。

 間葉系幹細胞はヒトの体内に存在し、自己治癒力を高めたり炎症を抑えるなど、生体の防御機能に大きく関わっている。体外から投与すると、組織修復に役立つ様々なシグナルや物質を産生し、一定期間経過後は免疫の機能で排除されることから、医薬品に近い使い方ができると見込まれている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報