HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】アンチ・ドーピングと薬学‐ポストオリンピック・パラリンピックに向けたアスリートの視点そして薬剤師の視点

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 榛葉繁紀(日本大薬)
 中島理恵(日本大薬)

 わが国では東京オリンピック・パラリンピックを迎え、国民のスポーツへの関心が飛躍的に増大すると予想される。その一方で、世界的な問題であるドーピング行為への対応が迫られている。アンチ・ドーピング活動には薬学全般の知識が必要となるため、薬剤師だけではなく、薬学関係者への期待も大きい。

 以上を踏まえ、本シンポジウムでは、薬剤師であると共に、Bリーグ広島ドラゴンフライズで選手・スタッフとしてご活躍の岡崎先生には「薬剤師とアスリートの視点」から、日本オリンピック委員会メディカルスタッフとしてのご経験があり病院薬剤師でもある村木先生には「病院薬剤師の視点」から、カードゲームを利用してうっかりドーピングの予防教育に関してご活躍の清水先生には「・スポーツファーマシストの視点」から、そして中島先生にはオリンピック候補選手らを対象にした「教育者としての視点」から、アンチ・ドーピング活動をご紹介いただく。

 本シンポジウムでのディスカッションを通じて、アンチ・ドーピング活動において薬学関係者が知るべきこと、そしてなすべきことを発信していく。

 (榛葉繁紀




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報