HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】有機合成化学の若い力:複雑分子を操る有機合成化学者たち

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 重野真徳(東北大院薬)
 澁谷正俊(名大院創薬)
 隅田有人(金沢大院医薬保)

 有機合成化学は、有機分子の共有結合を精密に構築する方法論をもたらす唯一無二の学問領域である。生理活性物質の探索研究や創薬、プロセス化学など、医薬品開発研究においても、その根幹をなす科学技術に位置づけられる。日本のお家芸とも言える分野であり、先達によって大きく発展してきた。

 しかし、今なお数多くの挑戦的課題がある。例えば、超高効率・超高選択的な分子変換反応や難攻不落とされる生理活性天然物の合成など、本領域のさらなる深化と拡充が望まれる。

 加えて、有機合成化学を基盤とした新機能や新現象の創出(薬学的には、生命現象の解明、制御)への貢献も重要である。

 本シンポジウムでは、本領域で活躍する若手研究者の最先端の研究成果と研究哲学を紹介する内容を企画した。具体的には、中分子の短工程全合成、ヒストンメチル化酵素複合体の機能制御、五つの不斉炭素中心を持つTAK-480の工業的製造法の確立、特異なカゴ状分子の全合成、トポロジカル分子集合体の構築について紹介する。

 (重野真徳




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報