HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】エクソソームで挑む新たなDDSの創製

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 中村孝司(北大院薬)
 辻畑茂朝(富士フイルム)

 近年のエクソソーム研究の進展は目覚ましく、この10年間に数多くの重要な知見が蓄積され、病気の診断・治療への応用が試みられている。

 エクソソームは、エンドソーム由来の細胞外小胞であり、脂質膜、蛋白質、核酸などから構成される。様々な生理活性物質を含んでおり、エクソソーム自身が輸送体となって細胞間コミュニケーションにおける重要な役割を担う。そのため、エクソソームは極めて精密に制御された組織・細胞選択性を持つdrug delivery system()として非常に注目されている。

 エクソソームのDDSへの応用がもたらした従来のDDS技術の壁を越えた新たな技術革新とは何か。本シンポジウムでは、エクソソームDDS研究を牽引する第一人者の先生方に、「エクソソームが解決するDDSの課題」と「エクソソームがもたらす新しいDDS」についての最先端の知見をご紹介いただき、エクソソームを基盤としたDDS研究のアップグレードと多様な創薬モダリティへの応用について議論したい。

 (中村孝司




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報