HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】神経精神のトップ企業へ‐一川氏、自社パイプラインに自信

2021年04月28日 (水)

 武田薬品リサーチニューロサイエンス創薬ユニットアジアNCEプロダクション研究所長の一川隆史氏は22日、オンライン上で開いた説明会で、ニューロサイエンス領域の創薬研究に言及。発達性・てんかん性脳症(DEE)治療薬として開発中の選択的CH24H阻害剤「ソティクラスタット」をはじめ、「世界最高水準のパイプライン創出力を持っている」と強調。今後5年間でニューロサイエンス領域のリーディングカンパニーを目指す考えを示した。

 同剤は、湘南研究所で創出したファーストインクラスの経口CH24H阻害剤。2017年から米オーヴィッド主導で共同開発を進めてきたが、現在はドラベ症候群(DS)、レノックス・ガストー症候群(LGS)を含むDEE治療薬として武田単独で開発しており、23年度の承認取得を目指している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報