HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【興和】抗寄生虫薬「イベルメクチン」コロナ患者対象に治験

2021年07月08日 (木)

 興和は、新型コロナウイルス感染症患者を対象に抗寄生虫薬「イベルメクチン」を投与する臨床試験を開始すると発表した。北里大学の大村智特別栄誉教授、花木秀明教授、愛知医科大学の三鴨廣繁教授、東京都医師会の協力を得て実施し、イベルメクチンの実用化を目指す。

 イベルメクチンは、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村氏が発見したマクロライド系抗生物質。動物薬として寄生虫駆除に用いられているほか、オンコセルカ症(河川盲目症)やリンパ系フィラリア症など、寄生虫感染症薬としてアフリカや中南米で使用されている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報