HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ケミファ】山口社長、新薬貢献「20年代半ば以降」‐カギは抗癌剤、海外展開も

2021年07月08日 (木)

 日本ケミファの山口一城社長は1日、オンライン上で開いた記者懇談会で、新薬事業の収益化に言及。開発が先行する癌微小環境改善薬「DFP-17729」の膵臓癌を対象とした第II相試験が来秋終了予定であることから、「その手応えによって他の癌種への展開可能性が見えてくる」と述べ、「2020年代半ば以降には収益貢献が期待できる」との見通しを示した。

 同社は、バイオベンチャーのデルタフライファーマから導入したアルカリ化を伴う癌微小環境改善剤「DFP-17729」を導入し、現在前期第II相試験を実施中。来秋にも第II相試験を終了予定としている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報