HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府薬】会営薬局で一元引き受け‐コロナ宿泊療養所の調剤

2021年08月20日 (金)

 大阪府薬剤師会は10日から、府内15カ所の宿泊療養所に入所する新型コロナウイルス感染者の調剤を、会営中央薬局で一元的に引き受ける取り組みを開始した。宿泊療養所への医師の常駐開始以降、薬が必要な場合は医師が手持ちの薬を入所者に渡していたが、感染者数の増加を受けて新たな体制が必要になり、府の依頼を受けて体制を構築した。現在1日50~100件の調剤に対応している。

 宿泊療養所の常駐医師はオンラインで入所者を診察し、薬物治療が必要な場合には処方箋を発行。処方箋をFAXで受けた会営中央薬局の薬剤師は、入所者と電話等で対話し、必要事項を確認した上で調剤を実施する。1日に4~5回手配しているバイク便で当日中に、宿泊療養所に薬を届けている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報