HOME > 企画 ∨ 

【第54回日薬学術大会】分科会の見どころ・聞きどころ 健康サポート薬局の将来

2021年09月13日 (月)

第54回日本薬剤師会学術大会

座長
日本薬剤師会地域医薬品提供体制対策委員会委員長
高田弘子
福岡市薬剤師会会長
田中泰三

 2015年「患者のための薬局ビジョン」が策定され、・薬局のあるべき姿が示された。本ビジョンは、患者本位の医薬分業の実現に向けて、かかりつけ薬剤師・薬局の本来の姿を明らかにすると共に、中長期視野に立って、現在の薬局をかかりつけ薬局に再編する道筋を提示するものである。本ビジョンの流れを汲み、16年に健康サポート薬局の認定制度が始まった。

 健康サポート薬局とは、厚生労働大臣が定める一定基準を満たしている薬局として、かかりつけ薬剤師・薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取に関することまで気軽に相談できる薬局のことである。また、健康サポート薬局は安心して立ち寄り易い身近な存在として、多職種と連携し、地域住民の相談役の一つとしての役割を果たすことが求められている。

 本分科会では、基調講演として、国の立場から厚生労働省医薬・生活衛生局担当官に「健康サポートに向けたこれからの薬局像」と題し講演いただく。認定制度としての「」だけに捉われず、健康サポートという角度から今後の薬局の目指すべき将来像を示していただく。

 続いてシンポジスト3人による、それぞれの切り口による健康サポート薬局の将来を提案していただく。まずは、日本薬剤師会地域医薬品提供体制委員会の山田武志副委員長による、「健康サポート薬局の現状と今後の課題~薬機法改正を踏まえた健康サポート薬局の将来~」を、次に埼玉県薬剤師会の宮野廣美常務理事による「かかりつけ機能と健康サポート機能の2つの機能で住民の健康を守る」を、最後に福岡県薬剤師会の小田真稔専務理事による「患者から選択される薬局機能強化事業―患者目線からの調査分析―」を講演いただく。薬機法改正後における健康サポート薬局のあり方や将来像、今後の課題について議論を深めていき、何等かのアンサーを導き出したい。

 (田中泰三




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報