HOME > 企画 ∨ 

【第54回日薬学術大会】分科会の見どころ・聞きどころ 地域に根ざした薬局の新たな取り組み

2021年09月13日 (月)

第54回日本薬剤師会学術大会

座長
日本薬剤師会常務理事
長津雅則
福岡県薬剤師会理事
石井裕太

 改正薬機法により薬局は調剤業務を行う場所ではなく、薬に関する情報提供と指導を行う場所として定義され、医薬品を渡すだけの対物業務から情報提供やフォローアップも含めた対人業務へ大きくシフトしていった。世間に目を向けると、インターネットの普及によりネットを通じて容易に様々な医薬品情報等が誰にでも引き出せる現在、その情報を正しく精査し正確に情報提供できるのは薬剤師しかいない。

 本分科会では、基調講演として「目指すべき薬剤師・薬局の姿」と題し日本薬剤師会の田尻泰典副会長に、改正薬機法をベースに、薬剤師が本来の役割を果たし、地域の患者を支援するための医薬分業の今後のあり方について講演をいただく。

 次に「コミュニティファーマシー(地域に根ざした薬局)の取り組み」と題し日本コミュニティファーマシー協会の吉岡ゆうこ代表理事から、健康サポート機能を有しているドイツの薬局事情と日本の薬局機能を融合し、地域に根ざした新たな薬局作りの取り組みについて紹介していただく。

 次に「薬局についてみんなで考える」と題し薬局支援協会の竹中孝行代表理事から「みんなで選ぶ薬局アワード」を設立した経緯や、全国の薬局の様々な先進的取り組みを紹介する活動について報告していただく。

 次に「小さな薬局のニッチャー戦略~コンテンツマーケティングの紹介~」と題してAKANE株式会社はなのゆ薬局の中山茜代表取締役に一人薬剤師の小さな薬局でも地域に特化し薬を提供するだけでなく、コンテンツマーケティングの考え方を取り入れ、薬局経営を成り立たせている事例を報告していただく。

 最後に「24時間対応薬局の役割と業務」と題し八幡薬剤師会の大石博美理事から、24時間年中無休の無菌調剤室を完備した薬局としての役割と、今後の進むべき方向性について紹介していただく。

 その後シンポジストの先生方を交え参加者の皆様で地域に根ざした新たな薬局づくりと薬剤師について討論することとしたい。

 (石井裕太




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報