HOME > 企画 ∨ 

【第54回日薬学術大会】分科会の見どころ・聞きどころ 改正薬機法に見る今後の薬局、薬剤師のあり方

2021年09月13日 (月)

第54回日本薬剤師会学術大会

座長
日本薬剤師会常務理事
豊見敦
福岡県薬剤師会常務理事
永嶋友洋

 医薬品医療機器等法(薬機法)が改正され、「地域連携薬局」や「専門医療機関連携薬局」の認定制度、服用期間中の薬剤師によるフォローアップの義務化が始まり、オンライン服薬指導も可能となったことにより、薬局の位置付けの重要性、対人業務の充実、より一層の薬局機能の強化が求められている。

 本分科会では、基調講演として厚生労働省医薬・生活衛生局総務課の安川孝志薬事企画官に「地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」の位置付け、認定制度が出来た背景や今後の薬局、薬剤師の関わりについて講演いただく。

 次いで、中外合同法律事務所の赤羽根秀宣弁護士からは、多岐にわたる改正薬機法の中から、薬局の定義(薬機法2条12項)を中心に薬機法の改正点について法的視点から講演をいただく。

 日本薬剤師会の長津雅則常務理事からは「連携する薬局の機能とは」をテーマに、地域包括ケアシステムの中で核となる薬局と見なされるために「そもそもの薬局機能」を確実に発揮し、すべての医療職、介護職、さらには住民に対して情報を発信する、薬局薬剤師のあるべき姿についてお話いただく。

 アップル薬局代表取締役で熊本大学薬学部の山本雄一郎臨床教授からは、薬機法改正後に法制化された「薬剤使用期間の患者フォローアップ」について実際の症例を交えフォローアップに関する疑問を通して、フォローアップ業務全般についてお話いただく。

 最後に、薬機法改正の意味合いや今後の薬局、薬剤師の役割について討論を行っていきたい。

 (永嶋友洋




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報