TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【産婦人科医会】迅速な薬事承認求める‐不妊治療の保険適用で

2021年11月19日 (金)

 中央社会保険医療協議会は17日に総会を開き、不妊治療の保険適用をめぐり関係団体から意見を聞いた。日本産婦人科医会は、不妊治療に用いられる薬剤が現時点では適応外使用、未承認薬、薬価未収載薬であるとし、助成制度から保険適用へと移行した場合に、「迅速に薬事承認が得られる仕組み作りが重要」と訴えた。

 不妊治療の保険適用をめぐっては、昨年の全世代型社会保障改革の方針に基づき、今年度中に詳細を決定し、来年度から保険適用を実施するとされている。医薬品等については、有効性・安全性等の確認、医薬品医療機器等法上の承認の可否などについて、薬事・食品衛生審議会や医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議で検討が行われ、有効性、安全性等の確認の結果、保険適用とならない医療技術等については、先進医療の実施等が検討されている。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報