TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

高効果ワクチンに優先予算‐基盤研・山本氏、新興感染症対策で構想

2022年02月01日 (火)

 医薬基盤・健康・栄養研究所免疫老化プロジェクトリーダーの山本拓也氏は1月26日、ウェブ上で開かれた彩都産学官連携フォーラムで、新興感染症ワクチンの研究開発を促進する新たなスキームを提案した。国立の研究機関が中立的な立場で各社の開発品を比較評価し、効果の優れたワクチンに国家予算などを優先的に投資するなどして開発を後押しする構想を示した。

 まず、重症化を回避した患者のデータなどを活用して新興ウイルスに有効な免疫反応を特定し、この免疫反応を実現できる抗原のデザインやワクチンのタイプを決定する。開発途中の各企業のワクチンを中立的な機関が同じ評価系で同時に評価するなどして、効果の優れたワクチンを選定。優先的に予算を配分するなど、迅速にワクチンを開発できる体制の整備を提案した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報