TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協】ゾルゲンスマ、分析中断‐費用対でデータ不足

2022年02月01日 (火)

 中央社会保険医療協議会費用対効果評価専門組織は、1月28日の総会にノバルティスファーマの脊髄性筋萎縮症(SMA)治療剤「ゾルゲンスマ点滴静注」の費用対効果評価について、追加のデータを収集するために、分析を一旦中断すると報告した。2026年5月まで必要なデータ収集を行い、年1回費用対効果評価専門組織で進捗状況について報告し、その間に必要なデータが集まった場合には、早期に分析を再開する方針。

 ゾルゲンスマは20年5月に国内最高額となる1億6707万7222円の薬価で収載され、費用対効果評価の対象品目となっている。ただ、昨年10月の費用対効果評価専門組織において、製造販売業者から提出された分析データ等および公的分析結果については、一定の科学的妥当性はあるものの、薬事承認時等のデータでは、費用対効果評価における長期有効性に関するデータが不足していることから、必要なデータ収集を行うこととし、分析を中断とする決定案が策定された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報