TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 薬学を基盤にした基礎と臨床の融合研究‐基礎を融合させた臨床研究が患者を救う!

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 大井一弥(鈴鹿医療大薬)
 加藤隆児(大阪医薬大薬)

 臨床現場において解決すべき問題点は数多く提示されるが、臨床研究にまで至る事例は少なく、研究に進展した場合も薬剤師だけで問題を解決しようとするケースが多く見受けられる。多職種と連携することで角度の違う視点を研究に取り入れる状況を作り出し、自然な成り立ちでデータを集積し、学会発表や論文作成に至るプロセスを形成していくことが必要である。

 一方、臨床現場での問題点の中には、薬学を駆使した研究を行うことでのみ解決し得るものもある。従って、薬剤師は臨床現場での問題が薬学で解決すべきものであるか否かを判断し、現場あるいは基礎のどちらで解決すべきかを見極め、実施していくことが求められる。

 本シンポジウムでは、基礎と臨床が融合するモデル研究の実例を提示し、実施する上でのポイントを紹介する。また、薬学研究に求められる基礎と臨床の融合の今後について考える。

 (加藤隆児

お詫びと訂正

 記事初出時、オーガナイザーの氏名に誤りがありました。「加藤隆二」氏ではなく、正しくは「加藤隆児」氏です。お詫びして訂正します。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報