埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター 研修会 2022/06

2022年04月18日 (月)

第67回 感染制御研修会《オンライン研修会》

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター(G15)認定単位 1単位
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)IV-2 1単位申請中
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師・認定薬剤師の認定講習会認定単位 0.75単位申請中
(感染制御専門薬剤師・認定薬剤師講習会受講証明書には研修受講シールP04を貼付する必要があります)
(研修受講シールG15、P04はいずれか一つの付与です)

開催日時

2022年6月9日18:30~20:10(ログイン18:00~18:30)

プログラム

司会 埼玉医科大学総合医療センター 大澤 雄一郎
【講演I】18:30~19:00
『2022TDMガイドライン改訂について』-バンコマイシンを中心に-
獨協医科大学埼玉医療センター薬剤部 佐野 邦明 先生

【シンポジウム】19:00~20:00
『TDM業務(抗菌薬)の日常の疑問 ~みんなどうしてる?』
『測定業務内容調査報告』 至聖病院 塩田香里 先生
『TDM実施向上に向けた取り組み報告』 深谷赤十字病院 須賀宏之 先生
『投与設計業務についての現状報告』  さいたま赤十字病院 伊賀正典 先生
★POINT★
2022TDMガイドライン改訂に伴い新しい知見と実際の抗菌薬TDM業務の実際について話し合ってみたいと思います。実際に数多くTDM業務をこなされている方もいればどうやってよいのか自信がないなど様々だと思います。当回は大・中・小規模施設における業務や課題について情報共有できるような形式で行いたいと考えています。皆様の施設の規模に合わせてご参考になれば幸いです。

参加費

会員 1,000円 埼玉県病院薬剤師会または共催・後援団体会員
非会員 2,000円
【研修会申し込み・決済サイト】https://saibyoyaku.peatix.com/
※参加者480名まで(先着順)
受講方法の詳細は本会ホームページをご覧ください。

注意事項

※本研修会はすべてオンライン(同時配信型)での聴講となります。
※聴講するためには事前申し込みが必要です。締め切り後の申し込みはできません。
※参加費は事前の支払いとなります。主催者側の都合により聴講できなかった場合を除いて、いかなる場合も返金することはできません。
※聴講にかかる通信費は聴講者の個人負担となります。
※申し込み時の登録メールアドレスは共用のものではなく、必ず個人のメールアドレスでお願いします。
※申し込み時と受講後の成果報告書入力時には薬剤師名簿番号(免許番号)が必要です。

問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センターTEL 048-829-7698

主催

埼玉県病院薬剤師会

後援

埼玉県薬剤師会 埼玉県医師会 埼玉県看護協会

第133回 輸液・栄養管理研修会(オンライン研修会)

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター(G15)認定単位 1単位
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)III-1 1単位
(研修受講シールG15またはP04はいずれか一つの付与です)

開催日時

2022年6月14日(火)18:30~20:15(ログイン 18:00~19:00)

プログラム

【情報提供】18:30~18:45
『リハビリテーションにおける栄養について』
株式会社大塚製薬工場 伊藤 伸二 先生
【講演】18:45~20:15
座長 埼玉県病院薬剤師会 輸液・栄養管理研修部会 小林 睦之
『生活を支える薬剤師を目指してリハ栄養を強化するリハ薬剤を実践しよう』
原土井病院 薬剤部 科長 中道 真理子 先生
薬物療法のほとんどは生活の中にあります。病院の中で働く薬剤師は、急性期の病態を抱えた患者の薬物療法を担うことが多いです。しかし、急性期の病態が落ち着つくとそれぞれの生活に戻っていきます。したがって、生活モデルを評価して薬物療法に活かすリハ薬剤の視点がこれまでの薬物療法と併せて必要になります。また、リハ薬剤はリハ栄養の考え方を薬物療法に応用しています。リハ栄養は健康寿命延伸に寄与するスキルであり、リハ薬剤はリハ栄養を強化できます。リハ薬剤とリハ栄養のスキルを実践して生活を支える薬物療法の実践をめざしましょう!

参加費

会員 1000円 埼玉県病院薬剤師会または共催・後援団体会員
非会員 2000円
【研修会申し込み・決済サイト】https://saibyoyaku.peatix.com/
※参加者480名まで(先着順)
受講方法の詳細は本会ホームページをご覧ください。

注意事項

※本研修会はすべてオンライン(同時配信型)での聴講となります。
※聴講するためには事前申し込みが必要です。締め切り後の申し込みはできません。
※参加費は事前の支払いとなります。主催者側の都合により聴講できなかった場合を除いて、いかなる場合も返金することはできません。
※聴講にかかる通信費は聴講者の個人負担となります。
※申し込み時の登録メールアドレスは共用のものではなく、必ず個人のメールアドレスでお願いします。
※申し込み時と受講後の成果報告書入力時には薬剤師名簿番号(免許番号)が必要です。

問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センターTEL 048-829-7698

共催

埼玉県病院薬剤師会 株式会社大塚製薬工場

後援

埼玉県薬剤師会 埼玉県医師会 埼玉県看護協会

第314回 病院薬学研修会《オンライン研修会》

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター(G15)認定単位 1単位
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)III-1 1単位(申請中)

開催日時

2022年6月28日(火)18:45~20:30(ログイン18:15~19:15)

プログラム

【製品紹介】18:45~19:00
『トリンテリックス錠』 武田薬品工業株式会社
座長 埼玉県病院薬剤師会 理事 多田 幸子
【講演1】19:00~19:45
『女性のメンタルヘルスについて』
医療法人大壮会 久喜すずのき病院/医療法人ユーアイエメリー会
理事長 鈴木 枝里子 先生
【講演2】19:45~20:30
『働く人のメンタルヘルスと治療~ポストコロナ時代に向けて~』
獨協医科大学 埼玉医療センター こころの診療科
教授 井原 裕 先生

参加費

会員 1,000円 埼玉県病院薬剤師会または共催・後援団体会員
非会員 2,000円
【研修会申し込み・決済サイト】https://saibyoyaku.peatix.com/
※参加者480名まで(先着順)
受講方法の詳細は本会ホームページをご覧ください。

注意事項

※本研修会はすべてオンライン(同時配信型)での聴講となります。
※聴講するためには事前申し込みが必要です。締め切り後の申し込みはできません。
※参加費は事前の支払いとなります。主催者側の都合により聴講できなかった場合を除いて、いかなる場合も返金することはできません。
※聴講にかかる通信費は聴講者の個人負担となります。
※申し込み時の登録メールアドレスは共用のものではなく、必ず個人のメールアドレスでお願いします。
※申し込み時と受講後の成果報告書入力時には薬剤師名簿番号(免許番号)が必要です。

問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センターTEL 048-829-7698

共催

埼玉県病院薬剤師会 武田薬品工業株式会社

後援

埼玉県薬剤師会 埼玉県医師会 埼玉県看護協会



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

薬剤師認定制度認証機構 認証機関の生涯研修会 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報