TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【住友ファーマ】野村社長「中期経営計画は未達に」‐新製品立ち上げ進展せず

2022年05月19日 (木)

野村氏

 住友ファーマの野村博社長は13日、大阪市で開いた決算説明会で、2022年度を最終年度とする中期経営計画で掲げた売上や利益の達成は、「残念ながら未達になる」と話した。22年度に売上高6000億円を達成する計画だったが、5500億円になるとの予想値を発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、北米での新製品立ち上げが期待ほど進展していないことを要因に挙げた。

 22年度の売上高は前年度に比べ100億円減となる見込み。国内売上高は、ファブリー病治療薬「リプレガル」の武田薬品への承継に伴う販売中止や薬価改定の影響で前年度比13.3%減の1300億円と予想。北米は、非定型抗精神病薬「ラツーダ」や新製品群の伸び、円安の影響で4.5%増の3343億円を見込む。中国は、集中購買の影響による抗生物質「メロペン」の売上減で27.9%減の276億円になると見ている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報