TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】医薬品流通情報を可視化‐ブロックチェーン基盤活用

2022年06月07日 (火)

 武田薬品は、製品の流通過程を不可逆的に記録する技術であるブロックチェーンを用いたデータプラットフォームを活用し、医薬品輸送・流通上の温度、位置情報を可視化する取り組みを始めた。データプラットフォームは三菱倉庫が開発したもので、5月から冷蔵保存品(保管温度は2~8℃)である新型コロナウイルス感染症ワクチン「ヌバキソビッド筋注」を対象に、武田の光工場から同社の物流センター、医薬品卸倉庫の納品までの可視化を実用化した。同社は、常温品を含め「対象製品を増やしていきたい」としている。

 医薬品流通では、2018年に厚生労働省がGDP(医薬品の適正流通)ガイドラインを定め、流通過程における温度管理など品質管理を厳格化し、メーカー、卸側は対応を進めてきている。工場出荷から卸への納品まではメーカー側の責務とされ、効率的な手法が求められていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報