理化学研究所”を含む記事一覧

2020年05月29日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
後発品シェア 8割に迫る:P2 セルフM税制継続を OTC薬協:P6 米テトラを完全子会社化 塩野義製薬:P7 企画〈水虫薬〉:P5

続きを読む »


2020年05月27日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
7成分を薬価収載 厚労省:P2 9価HPVワクチンを了承 医薬品第2:P3 約40億円のシナジー効果 ココカラファイン:P6 「エンハーツ」国内発売 第一三共:P7

続きを読む »


2020年05月07日 (木)

 理化学研究所は、くしゃみや咳などによる飛沫の飛散経路をシミュレーションする研究課題に、スーパーコンピューター「富岳」の機能を活用すると発表した。富岳を活用する新型コロナウイルス感染症対策の研究開発は、今回で五つ目と

続きを読む »


2020年05月01日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
飛沫の飛散経路予測 理化学研究所:P2 早期試験の専用病棟 京大病院:P3 コロナワクチン開発へ 塩野義製薬:P6 増収大幅増益に 第一三共決算:P7

続きを読む »


2020年04月22日 (水)

 理化学研究所と星薬科大学は、新型コロナウイルス蛋白質と治療薬候補化合物の分子間相互作用データを公開した。大阪大学蛋白質研究所の日本蛋白質構造データバンク(PDBj)では、131個の治療薬候補化合物とウイルス蛋白質の

続きを読む »


2020年04月22日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
新型コロナ分子間相互作用データ公開:P2 第3次中計発表 キリン堂HD:P6 新型コロナ治療薬 開発広がる:P7 企画〈健康食品〉:P4~5

続きを読む »


2020年04月13日 (月)

 理化学研究所は、新型コロナウイルス感染症対策の研究開発4課題にスーパーコンピューター「富岳」の機能を提供すると発表した。2021年度からの共用運用を予定していたが、緊急性を考慮して前倒しで計算機能等を活用する。約2

続きを読む »


2020年04月13日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
医薬品の安定供給要請 厚労省:P2 コロナ関連コーナー開設 関薬協:P3 15品目を自主回収 日医工:P7 新入社員研修をウェブで実施:P8

続きを読む »


2020年03月11日 (水)

 新型コロナウイルス検査の保険適用を受け、各研究機関や検査薬メーカーは新型コロナウイルスに対する迅速診断法の開発を急ピッチで進めている。神奈川県衛生研究所と理化学研究所、産業技術総合研究所と杏林製薬が共同開発しており

続きを読む »


2020年03月10日 (火)

 日本医療研究開発機構(AMED)と製品評価技術基盤機構(NITE)は、NITEが保有する希少な微生物をAMEDの創薬支援事業で利用可能となる「希少放線菌創薬連携プログラム」を開始した。抗生物質などを産生する希少放線

続きを読む »


2020年02月26日 (水)

 日本ケミファと富士フイルム和光純薬は、アレルギー検査キット「ドロップスクリーン特異的IgE測定キットST-1」と専用の測定装置「ドロップスクリーンA-1」を新発売した。  ドロップスクリーンは、日本ケミフ

続きを読む »


2020年02月21日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
回復期リハで処方適正化:P2 後発品使用率伸び悩み 奈良県薬事審:P3 3年ぶりプラス成長 国内医薬品市場:P7 企画〈胃腸薬〉:P4~5

続きを読む »


2020年02月20日 (木)

 厚生労働省は、独創的な取り組みを表彰する第2回日本オープンイノベーション大賞の厚生労働大臣賞を「ライフインテリジェンスコンソーシアム(LINC)」(代表=奥野恭史京都大学大学院医学研究科教授)が受賞したと発表した。

続きを読む »


2020年01月24日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
水際対策を徹底 新型肺炎:P2 創薬研究促進へ連携 新潟薬科大など:P3 VR活用サービス開発 大日本住友:P7 企画〈痔疾ケア〉:P4~5

続きを読む »


2020年01月20日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
国内初の感染者 新型肺炎:P2 徐放製剤の粉砕投与 薬剤師に相談を:P3 アポロHDに会員停止処分6カ月:P6 創薬研究をAIで後押し インテージヘルスケア:P7

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報