緩和医療”を含む記事一覧

2017年06月23日 (金)

オピオイド投与設計に関与  癌患者の緩和ケアで薬学的介入を行い、重大な副作用を回避できたことによる医療経済効果を推計したところ、約215万円に上ることが愛媛大学病院薬剤部の研究で明らかになった。薬剤師が医師

続きを読む »


2017年06月07日 (水)

 病院から在宅で緩和医療を行うも、使いたい薬剤が保険適応外で困っている――。自宅で終末期治療を希望する患者が増える中、緩和ケアに携わる医師や薬剤師の多くが病院で使っていた薬剤を在宅で継続して使う場合に、保険適

続きを読む »


2017年06月07日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
リフィル処方を明記 骨太方針素案:P2 ヘルスケア領域重点 JLIPA総会:P3 抗体薬物複合体開発が活性化:P7 企画〈治療薬〉:P4~5

続きを読む »


2017年04月05日 (水)

薬剤師生涯教育講座 開催日時 2017年5月28日(日)13:30~16:45 開催場所 星薬科大学 テーマ 最近の薬物乱用 講演1「最近の薬物乱

続きを読む »


2017年03月15日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
日薬が臨時総会を開催:P2 健サポ薬局へ自治体の支援要請:P3 セルフM税制でアンケート OTC薬協:P6 カナダに子会社設立 大鵬薬品:P7

続きを読む »


2017年03月10日 (金)

〔がん治療・緩和医療薬剤師養成コース〕大学院講義連携セミナー(がん治療・緩和医療特別講義II) 開催日時 2017年4月22日(土)17:30~20:30 開催場所 星薬科大学

続きを読む »


2017年01月06日 (金)

各研修の申し込み方法 ホームページの「研修申込の流れ」をご確認いただき、「公開講座のご案内」よりお申し込みください。 (URL)http://www.hapycom.or.jp/course/subscrip

続きを読む »


2016年10月11日 (火)

 第4回東京都緩和医療研究会学術集会が2日、東京清瀬市の明治薬科大学で開催され、シンポジウムでは、清瀬市などの「北多摩北部保健医療圏」における緩和医療の現状と課題が話し合われた。薬剤師や医師、看護師のそれぞれ

続きを読む »


2016年10月07日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
生物統計家育成へ AMED:P2 緩和ケアの現場の課題討論:P3 治療アプリの臨床研究開始:P7 企画〈かぜ薬〉:P4~5

続きを読む »


2016年09月28日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
革新施策の実効性調査 総務省:P2 水銀廃品回収の協力 日薬が要請:P2 初の機能性表示食品 資生堂:P6 BS数品目国内上市へ ジーンテクノサイエンス:P7

続きを読む »


2016年07月29日 (金)

 厚生労働省の「がん等における緩和ケアのさらなる推進に関する検討会」が27日に開かれ、複数の委員が提出した意見書の中で、緩和医療体制の提供を充実させるために薬剤師をもっと活用すべきと提言した。薬剤師の教育、研修を医師

続きを読む »


2016年07月29日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
緩和医療の体制充実で意見書:P2 ペプチドリーム 窪田氏に聞く:P12 企画〈薬局業務の効率化と質的向上を目指して〉:P3~10

続きを読む »


2016年07月25日 (月)

セルフMなど積極的に採用し差別化  明治薬科大学(東京都清瀬市)は、2007年に薬剤師認定制度認証機構の認定薬剤師研修制度のプロバイダーとなり、同年4月1日から初回の生涯学習講座をスタートさせた。最近は、厚生労

続きを読む »


2016年06月15日 (水)

◆緩和ケアの現場で、薬剤師がオピオイド鎮痛薬を使用する外来患者の服薬指導を積極的に行っている現状が報告された。病院の緩和医療チームに対応が依頼される理由の多くが疼痛に関することだという ◆確かに癌患者の不安やQOL

続きを読む »


2016年06月08日 (水)

 第10回日本緩和医療薬学会年会が4、5の両日、浜松市内で開かれ、薬剤師がオピオイド鎮痛薬を使用する外来患者の服薬指導を積極的に行っている現状が報告された。2014年度診療報酬改定で新設された「がん患者管理指

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報