HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品/国立がん研究センター】抗癌剤開発で提携‐アジア人に多い癌腫が標的

2015年5月12日 (火)

 武田薬品と国立がん研究センターは、癌領域での研究開発提携に関する契約を結んだ。期間は3年間。武田は、国立がん研究センターが進める産学連携全国がんゲノムスクリーニング事業「SCRUM-Japan」(スクラム・ジャパン)に参画しており、今回の提携を通じて、日本発の抗癌剤を創出し、臨床開発まで両者で連携を進め、加速させたい考え。

 両者は、抗癌剤の創薬や癌生物学の研究に携わる研究者や医師などの交流を促進し、癌の発症メカニズムや薬剤感受性などの基礎研究を共同で進め、そこで得られた成果を臨床応用することで新たな治療オプションを探索する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録