HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【北大/星薬大】コバルト触媒で有用性分子合成‐医薬品合成の低コスト化に期待

2015年7月13日 (月)

 北海道大学大学院薬学研究院の松永茂樹教授、星薬科大学薬学部の坂田健准教授らの研究グループは、安価なコバルト触媒を利用し、工程も廃棄物も減らして有用分子を合成できる技術を開発した。この触媒技術は、ロジウム触媒よりも安価であることや、アリルアルコールの活性化処理が不要なため工程数を削減できる点、水しか出さずに有用分子を合成できる点で従来法よりも優れている。環境負荷の低減やコストの削減につながり、持続可能な医薬品製造プロセス構築に貢献すると期待される。

 医薬品合成では、原料の目的位置の炭素‐水素結合だけを触媒の作用でうまく活性化し、有用分子に化学変換する方法が有効となる。従来のロジウム触媒は、希少で高価ではあるが、優れた触媒性能を持つため産業に利用されている。しかし、炭素源となる化学薬品のアリル基と呼ばれる炭素パーツを含むアリルアルコールは、そのままではロジウム触媒とうまく反応しない。そのため、アリルアルコールにあらかじめ活性化処理を施す工程が必要不可欠だったが、それに伴って廃棄物も多くなることが課題となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録