HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

新糖尿病薬の開発・製造販売で提携”三共と味の素導入

2006年9月1日 (金)

 三共は31日、味の素が開発中の新規糖尿病治療薬「AJD101」について、全世界における独占的な製造・開発・販売権を取得した。同剤の導入によって、三共は重点領域の一つである糖尿病領域の強化を狙う。

 AJD101は、経口投与によってインスリンのシグナル経路を活性化し、血糖降下作用を示す、従来にない新しい作用機序を示す糖尿病治療薬。非臨床試験の結果から、低血糖を起こしにくく、膵β細胞のインスリン分泌能低下を来しにくい可能性が示唆されているという。

 現在、味の素が欧米でPIを実施中であり、PIIからは三共が単独開発する。日本国内ではPIIaまで味の素が単独で開発を進め、それ以降は両社が共同で開発していく。

 三共と味の素は、2001年12月に速効型食後血糖降下剤ファスティック錠の販売で提携を行っており、今回が提携の第2弾となる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録