TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価研・石牟禮委員長】努力報われる形考慮を‐低開示度の加算ゼロ例

2024年06月18日 (火)

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会の石牟禮(いしむれ)武志委員長(塩野義製薬)は14日、前日の総会を受けて都内で記者会見を行った。原価計算方式によって算定された新薬薬価で、原価開示度が低く補正加算がゼロになるケースについて、製造の全工程を全て自社で行っておらず「全て開示することが難しい状況はある」とした上で、「少しでも努力したことが報われる形を考えてほしい」と述べた。

 薬価研の研究報告によると、前年度に原価計算方式で算定された13成分のうち、10成分の開示度は50%未満で補正加算が適用されなかった。背景として「(開発・製造が)委託なども含め、様々な企業が関わりながら進められている現状」を挙げた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術