【新製品】顆粒製剤を新発売‐脈管腫瘍薬「ラパリムス」 ノーベルファーマ

2024年07月10日 (水)
ラパリムス

 ノーベルファーマは8日、血管に腫瘍細胞が増殖する希少疾患である脈管腫瘍などに用いる「ラパリムス」(一般名:シロリムス)の顆粒製剤を新発売したと発表した。対象疾患は乳児期が発症することもあるため、適した剤形と用量を開発した。

 製品名は「ラパリムス顆粒0.2%」。薬価は0.2%1gが3010.20円。同剤は、難治性脈管腫瘍、難治性脈管奇形を適応で1月に承認され、4月に薬価収載された。

 同剤の用法・用量は、体表面積が1.0m2以上の場合は2mg、0.6m2以上1.0m2未満の場合は1mgを開始用量とし、1日1回経口投与。体表面積が0.6m2未満の場合は3カ月未満、3カ月以上6カ月未満、6カ月以上12カ月未満、12カ月以上でそれぞれ開始用量が設定されている。

 対象疾患では、細胞の分裂や増殖に関与する蛋白質mTORのシグナル伝達が重要であることが知られている。同剤は、そのmTORの異常活性を抑制し、効果を発揮すると考えられている。



‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術