HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【08年のエイズ動向】歯止めかからず6年連続で増加‐年間報告数1557件で過去最高

2009年6月19日 (金)

 厚生労働省のエイズ動向委員会は、2008年エイズ患者・HIV感染者の確定値を公表した。患者・感染者を合計した年間報告数は1557件で、6年連続で過去最高を更新した。依然として患者・感染者の増加に歯止めがかかっていないが、保健所等におけるHIV抗体検査や相談の件数が伸びて、早期の掘り起こしが進んだことも影響しており、報告数に占めるエイズ患者の割合は27・7%で低下傾向にある。

 確定値は、08年1月1日から12月31日まで1年間の動向をまとめたもの。

 08年の新規HIV感染者は、前年から44件増の1126件、新規エイズ患者は13件増の431件で、ともに過去最高を記録した。

 感染経路は、HIV感染者、エイズ患者ともに同性間性的接触が伸び、いずれも過去最高となった。HIV感染者では、同性間性的接触が779件で全体の69%を占め、異性間性的接触が220件で20%だった。エイズ患者では、同性間性的接触が189件で44%、異性間性的接触が147件で34%だった。

 年齢別にみると、HIV感染者は20、30歳代が多く、前年と比べると40歳以上で増加。エイズ患者は30歳代以上で多く、50歳代以上の増加が大きかった。

 地域別では、HIV感染者、エイズ患者とも東京を含む関東・甲信越ブロック、近畿ブロックで多かった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録