HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【高度医療評価会議】パクリタキセルの適応外使用を高度医療として承認

2009年6月22日 (月)

 高度医療評価会議は19日、東京大学病院が申請した「胃癌腹膜播種に対するパクリタキセル腹腔内投与」を、治験計画の変更などを条件に、高度医療として承認することを決めた。同技術は、点滴用抗癌剤を腹腔内に直接投与する点が特徴。医薬品の適応外使用に初めて同制度を適用することになる。

 パクリタキセルは、経静脈投与でも胃癌腹膜播種に有効だが、腹腔内投与によって腹水中の濃度が高まるため、より高い治療効果が期待できる。

 高度医療として正式に認めれるためには、安全性確認試験が実施されていないシスプラチンとの併用療法を治験計画から削除して、抗癌剤「S-1」との併用に限定することや、モニタリング体制の再検討などが求められる。ただし、修正が確認できれば改めて議題には上げず、厚生労働省の先進医療専門家会議に送って、保険診療との併用の可否を審議する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録