HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚生科学審議会】健康危機管理部会を新設

2006年11月2日 (木)

 厚生科学審議会に「健康危機管理部会」が新設され、10月30日に初会合が開かれた。会合では、部会長に倉田毅氏(富山衛生研究所長)を選出すると共に、運営細則や今後の運営方針を決めた。

 冒頭あいさつした厚生労働省の西山正徳技術総括審議官は、「SARSや新型インフルエンザなどの世界的流行や、バイオテロなどの発生が予測され、国民の生命・健康に対する危機管理の必要性が高まっている。こうした危機に迅速に対応するため、各分野の専門家を集め、発生時の対策を協議していただく」と部会設置の趣旨を述べた。

 部会は年に102回、定例部会を開催して、健康危機管理に関わる事項を議論する予定にしている。危機管理体制における部会の位置付けは、厚労省の厚生科学課・危機管理対策室が関係機関の協力を得て、国内外の健康危険情報を収集・評価し、緊急性が高いと判断された場合に、対策の検討について諮問を受けるもの。部会の審議結果を踏まえ、官邸危機管理センター等を通じて対策を迅速に実行する流れとなる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録