HOME > 無季言 ∨ 

「江戸に学ぶからだと養生」

2009年8月21日 (金)

◆内藤記念くすり博物館の「江戸に学ぶからだと養生」をテーマとした企画展に足を踏み入れる機会があった。来年3月まで、江戸時代の蘭学関係、解剖図、医学翻訳書や養生書など多数の資料が展示されている。これらから、当時の人々が身体や健康についてどのように考え、また身体をいたわり長生きするために、どのようなことを行っていたのかがうかがい知ることができる
◆18~19世紀の日本は、蘭学からもたらされた知識や情報により、それまでの身体や健康への考え方が大きく変化した。それは“養生”という思想であり、日常生活に留意して健康の増進を図ることを目的としたものだ
◆養生書の一つ本井子承著の「長命衛生論」に目をやると、「口数を少なくする」「色情を慎む」「食事は薄味」「唾を吐かずに飲む」「腹を立てない」「飲食は軽めに」「あれこれ心配しない」の文言が目についた
◆いずれの文言も今日の生活様式に通じるもので、「健康のポイントは、古今東西を問わず同様だ」と改めて痛感した。温故知新。もう一度これらの言葉を噛みしめ、健康に留意したいと思う今日この頃だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録