HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

HIV抗体陽性率が急上昇‐献血10万件当たり約2件

2006年11月8日 (水)

 厚生労働省は、10月30日に開かれた薬事・食品衛生審議会血液事業部会の運営委員会に、核酸増幅検査による献血血液のHIV抗体陽性件数を報告した。それによると2006年109月では、10万件当たり陽性件数が1.979件と過去最高であった。

 9カ月間の献血件数は373万8551件で、このうちHIV抗体陽性は74件(うち女性3件)だった。昨年1年間では、献血532万0602件に対し、陽性件数は78件(女性3件)である。

 献血数10万件当たりの数字で比較すると、昨年が1.466件だったのに対し今年は1.979件と、陽性率は昨年を大幅に上回るペースとなっている。年間ベースで、過去最高を記録するのは確実な情勢だ。

 厚労省は「感染を知らずに献血した人が増加しているのではないか。医療機関等でも検査体制を充実させる必要がある」との見解を示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録