HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

「進行・再発の結腸・直腸癌」に対するXELOX療法が承認

2009年09月28日 (月)

 「進行・再発の結腸・直腸癌」を適応症とするカペシタビンとオキサリプラチンの併用療法「XELOX療法」、XELOX療法+ベバシズマブの併用療法が国内で承認された。

 今回の承認により、中外製薬は、経口フッ化ピリミジン系抗癌剤「ゼローダ錠300」(一般名:カペシタビン)について、XELOX療法、XELOX療法+ベバシズマブの併用療法で進行・再発の結腸・直腸癌の適応症を追加した。また、「アバスチン」(一般名:ベバシズマブ)の用法・用量についても、XELOX療法との併用療法で3週間に1回の投与が認められた。

 一方、ヤクルトが販売する抗癌剤「エルプラット」(一般名オキサリプラチン)についても、進行・再発の結腸・直腸癌を適応症に用法・用量が追加された。これにより、XELOX療法で3週間に1回の外来化学療法が可能になる。

 XELOXは、レボホリナート+5‐FU+オキサリプラチンによるFOLFOXと同等の有効性が認められている世界的な標準化学療法。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報