HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

新型インフルワクチン、国内3社が9日に初出荷

2009年10月08日 (木)

 厚生労働省の新型インフルエンザ推進本部は、新型インフルエンザ(A/H1N1)ワクチンを国内製造する化学及血清療法研究所、北里研究所、デンカ生研の3社が、9日からワクチンの出荷を開始すると発表した。初出荷量は59万人分(118万回投与分)で、20日には阪大微生物研究会も出荷を始める。

 また、同本部によると、厚労省は6日付でノバルティス(NV)、グラクソ・スミスクライン(GSK)の2社とワクチンの輸入契約を締結した。契約額は合計1126億円で、4950万人分を確保した。

 なお、NVは9月16日から国内治験に着手しており、GSKも近日中に第I相試験を開始する予定だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報