HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【09年度上半期のマスク生産量】前年同期比3.7倍増の17億枚に

2009年11月13日 (金)

 日本衛生材料工業連合会(日衛連)は、今年度前半のマスク生産数量(国内生産・輸入数量)をまとめた。それによると、家庭用・医療用・産業用を合わせた上半期の総合計は17億0717万枚で、昨年同期に比べ3・7倍と大きく伸長したことが分かった。昨年度(08年4月~09年3月)は、総生産枚数が17億7445万枚だったことから、今年は既に上半期で昨年度とほぼ同数の供給がなされた格好だ。

 新型インフルエンザの感染拡大を背景に、春先以降は民間企業や官公庁の備蓄用に加え、家庭での購入が急増したことで、4~6月は7億4489万枚、前年同期比307%増、7~9月は9億6228万枚の248%増と、いずれも大幅な増加となっている。

 マスク生産数量調査は、日衛連傘下の全国マスク工業会が会員メーカーに四半期ごとに行っているもの。回答社数は、09年3月末が39社、6月末が44社、9月末が52社となっている。

 マスクの種類別に、上期(4~9月)の生産数を見ると、「家庭用」は12億0812万枚で、前年上期の2億5548万枚に比べ、373%増と大きく伸長した。内訳は、ガーゼタイプが2777万枚(前年9357万枚)で、197%増、不織布タイプが11億8035万枚(前年2億4612万枚)で、379%増だった。

 このほか、「医療用」は3億5094万枚で、180%増、「産業用」は1億4809万枚で、86%増となった。

 マスク在庫(国内)数量についても調べており、こちらは「家庭用」が6月末時点で1億0333万枚(65%増)、9月末で1億3603万枚(11%増)、「医療用」は6月末で942万枚(78%減)、9月末で1874万枚(65%減)、「産業用」は6月末で302万枚(58%減)、9月末で480万枚(51%減)となっている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録