HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬協・長谷川副会長】薬価制度改革の業界案は「国際標準」‐長期収載品の引下げは想定内

2009年11月13日 (金)

長谷川副会長

長谷川副会長

 日本製薬工業協会の長谷川閑史副会長(武田薬品代表取締役社長)は12日、都内で開かれた「医薬品卸業経営セミナー」で講演し、業界が提案する薬価制度改革案に関連して、長期収載品の薬価引き下げを決めた行政刷新会議の「事業仕分け」に言及。「おそらくそうなるだろうと予測していた」との見方を披露した。

 その上で、「海外のトレンドは、特許保護期間中は価格を維持するが、特許切れ後は後発品に譲るというものであり、日本だけがグローバルスタンダードから外れた主張をする論理的根拠は強くない」と、一定の理解を示した。

 最終的には、国民から支持が得られなければ実現は難しいとして、「こうしたグローバルスタンダードの方向は、政権が交代し、事業仕分けで切り込みが行われようとも、いささかも変わるものではない。(業界案は)長期収載品の薬価引き下げもあり得るというパッケージになっているので、民主党の方針として確定されるのであれば、きちんと業界として対応を考えないといけない」との考えを示した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録