HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】リンパ腫治療薬「SGN‐35」の共同事業化で米バイオ企業と契約

2009年12月17日 (木)

 武田薬品の子会社「ミレニアム・ファーマシューティカルズ」は、米バイオ企業「シアトル・ジェネティクス」とリンパ腫治療薬「SGN‐35」(一般名ブレンタキシマブ・ベドチン)に関する全世界での共同事業化契約を締結した。武田グループは、シアトル社から「SGN‐35」の北米を除く全世界の独占販売権を取得し、再発・難治性ホジキンリンパ腫治療薬として、2011年にも欧州で承認取得を目指す。契約金額は、一時金とマイルストンを含め、総額2億9000万ドル以上となる。

 契約により、武田はシアトル社に対し、契約一時金として6000万ドル、開発・販売の段階に応じたマイルストンとして最大2億3000万ドル以上を支払う。また、上市後は、販売権を保有する地域での販売額に応じた約20%のロイヤルティを支払う。さらに、「SGN‐35」の国内開発費用の全額と、海外開発費用の50%として3年間で約7500億ドルを負担する。

 「SGN‐35」は、CD30抗原に結合する抗体に低分子化合物を融合させ、細胞内で薬剤が放出するよう設計した世界初のCD30標的抗体‐薬剤複合体(ADC)。既にシアトル社は、再発・難治性ホジキンリンパ腫患者100人を対象に、欧米で第Ⅱ相試験を実施中で、11年中にもシアトル社が米FDAに、武田が欧州EMEAに承認申請を行う見通し。

 武田は今年3月に、シアトル社が保有するADC技術について、固形癌に発現する1抗原の独占的使用権、他の2抗原に関するオプション権を取得している。「SGN‐35」の国内開発については検討中。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報