HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】抗精神病薬「ルラシドン」をFDAに承認申請‐海外進出の皮切りに

2010年1月6日 (水)

 大日本住友製薬は、統合失調症治療剤として開発中の非定型抗精神病薬「ルラシドン」について、FDAに新薬承認申請を行ったと発表した。申請は、昨年12月30日に同社米国子会社の大日本住友製薬アメリカが行ったもの。

 ルラシドンは、大日本製薬として海外進出の皮切りとなる期待の薬剤。申請には、投与された2500人以上の患者が関わった40以上の臨床試験データが含まれている。

 グローバル第III相試験のパール1試験、パール2試験を含む4本の臨床試験では、入院患者を対象に6週間投与のプラセボ対照比較試験が行われた。その結果、ルラシドンは1日1回投与で、統合失調症の症状に対して改善効果が得られている。

 副作用面でも、総じて良好な忍容性を示し、体重や脂質への影響も限定的で、運動障害パラメーター、プロラクチンレベルの異常も概して軽微との結果だった。

 多田正世社長は、「ルラシドンのグローバル臨床開発の促進に全力で取り組んだ結果、米国での新薬承認申請という、当社にとって重要なマイルストーンを当初の予定よりも早く達成することができた」としている。

 また、大日本住友製薬アメリカのアントニー・ローベル臨床開発担当副社長は、「ルラシドンは、統合失調症の症状に治療効果を示し、かつ、体重増加や代謝異常といった副作用の少ない薬剤だと考えている」と期待を示した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録