HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【本紙・保険薬局調査】調剤基本料一本化は3割弱‐実務実習受け入れ、4割が「望まず」

2010年1月6日 (水)

 来年度の調剤報酬改定で、調剤基本料の例外規定を廃止し、一本化すべきとの薬局は3割に満たない。一本化した場合の点数は、平均34点程度との見方が強かった。今年から始まる長期実務実習に関しては、受け入れを「望む」が25%程度、「望まない」とするのは4割近くに達することも明らかになった。これは、薬事日報が毎年秋に、保険薬局の経営状況等を把握するため実施している「全国保険薬局調査」で示された。

 回答が得られた414薬局の調剤基本料区分は、「区分1」(40点)が約94%、「区分2」(18点)が約6%だった。薬剤師の正社員は3・0人、非正社員は2・8人で、昨年に比べ正社員が若干減少、非正社員は若干増加し、非正社員がこの数年連続して徐々に増加している。平日の夜間対応が約43%、休日対応が約55%で、例年とほぼ同率で推移している。

 今回の調査では、焦点である診療報酬改定に関しても、これまで課題として指摘されていた事項について意見を聞いた。

 その中で現在、実質的に2区分となっている調剤基本料を、一本化すべきとの意見がある。アンケート結果では一本化を「望む」は27・5%、「望まない」は72・5%となり、3分の2が望んでいなかった。

 これを「区分1」と「区分2」別に見ると、区分1の薬局でも「望む」が約23%に上ったことは注目すべきだろう。

 また、一本化した場合、何点を希望しているかを聞くと、単純平均では34・3点となった。中には「61点以上」などとする回答もあり、最小値、最大値双方から5%ずつ回答薬局をカットしデータを整理すると、平均32・7点で各回答点数は「21~40点」内に収まった。

 一方、この数年来、取り組まれている後発品使用促進について、どのような点数が必要かを尋ねた。選択肢として、薬局側評価に関するものとして▽後発医薬品調剤体制加算(4点)の引き上げ▽後発医薬品調剤加算(2点)の引き上げ――の二つと、「処方側の点数評価」の三つを挙げた。

 その結果、「4点の増額」を挙げる意見が最も多く、次いで「2点の増額」が多かった。「処方側の点数評価」は前者「薬局側評価」に比べ支持が低かった。

 また、今年5月から長期実務実習が本番を迎えることから、実施に向けた項目を新たに設定した。長期実務実習受け入れ要望については、受け入れを「望む」は25%、「望まない」は39%、「どちらともいえない」は36%と、4割近くが望まないことが分かった。

 また、受け入れが決まっている薬局の実習経費(謝礼)については、標準額とされる「27~27・5万円」は約44%、これを下回るとするのは約48%であった。実習形態は自己完結型が基本とされているが、調査では「他薬局との連携型」が7割を占めていた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録