HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【メディセオ】「南大阪ALC」が竣工

2010年3月8日 (月)

南大阪ALCの全景

南大阪ALCの全景

 メディパルホールディングス子会社「メディセオ」の、南大阪ALCが4日に竣工した。得意先への直送納品など、新たな医薬品流通を担う拠点としては、同社2番目のALC(エリア・ロジスティクス・センター)になる。 竣工披露見学会で、メディパルHDの熊倉貞武社長は、「病院、薬局が経営合理化に取り組む中、われわれのALCがサプライチェーンマネジメントのキーとして認識してもらえるようにしたい」と抱負を語った。

 八尾市老原に建設された南大阪ALCは、6月から本格稼働を開始する予定で、昨年竣工した神奈川ALCとほぼ同じ設計。鉄骨造地上5階建てで、敷地面積2万3720m2、建築面積7749m2、延べ床面積1万9540m2。カバーエリアは大阪府南部や奈良県、和歌山県の全域を想定している。出荷能力は、年間最大1800億円。現在、対象エリアの得意先軒数は約9000軒、売上高は1330億円(2009年3月期)で、現状売上高の30%増にまで対応できる。

会見する3氏(右から熊倉氏、渡辺氏、山岸氏)

会見する3氏(右から熊倉氏、渡辺氏、山岸氏)

 都市型フルラインセンターとして、得意先に直接届ける方式を採用することで、品揃えの拡充とリードタイムの短縮を実現。独自開発の需要予測システムで、欠品のない提示・適量納品を目指す。配送は、直接配送エリアについては1日最大4便体制を整える。

 また、免震構造のほか、自家発電装置、災害時の緊急配送用バイクを配備し、地震などの災害時にも安定供給できる体制を整備。センター内はID認証システムの採用で高いセキュリティも確保した。設備投資額は総額89億円。

 ALCの概要を説明したメディセオの山岸十郎副社長は、「生産から最終需要者まで、いかに無駄なく流通させることがわれわれの使命」とし、同センターは今後、医療業界でも取り組むべきEDI物流に向けたインフラ整備として、「将来を見据えたセンターとなっている」と自負した。

 また、メディセオの渡辺秀一社長は、「得意先の医療機関が悩んでいるのはコストの削減方式。医療は労働集約型で、医療機関が苦しくなると最初にするのは買い叩き。しかし、卸各社の営業利益は1%を切る状況で、価格以外で、こうした機能を提案していくことも一つの選択肢」と強調。その上で、「従来の大手卸4社間での医薬品物流の差別化はない。今後、人件費のコスト削減だけでなく、いかに効率的にものを運ぶかだと思う」とし、「(ALCが)得意先から受け入れられると信じている」と語った。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録