統合失調症治療剤「ロナセン錠8mg」 大日本住友製薬

2010年5月10日 (月)

 大日本住友製薬は、統合失調症治療剤「ロナセン」(一般名:ブロナンセリン)の新規格「ロナセン錠8mg」を新発売した。

 ロナセンは、ドパミン‐2受容体とセロトニン‐2受容体に対し、強い遮断作用と高い選択性があり、セロトニン‐2受容体よりドーパミン‐2受容体に対する遮断作用が強い特徴がある。

 成人におけるロナセンの通常維持量は1日8~16mg、1日最大用量は24mgで、既存の2mg錠・4mg錠では、1日の服用錠数が多くなるケースがあった。今回、8mg錠を追加発売することで、服用錠数を減らし、コンプライアンス向上が図られた。

 薬価は、8mg1錠269・60円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録